発見、驚き

薄毛は医療で治る?

期待薄ながら試してみた育毛シャンプーや育毛剤で、予想通り裏切られた私は、ますます世の中の薄毛対策を謳うもの全般を疑うようになっていました。

そのため、リーブ21のような発毛・育毛サロンにも興味がなく、どちらかと言えば、大変失礼ながら、インチキ業界だとまで思っていました。

そんな所に何百万円ものお金を払う人はちょっとバカなのではないかとまで思っていたのです。

「育毛」・「発毛」といった言葉に何かしらうさん臭さを感じ、自分の禿げる運命を受け入れざるを得ないとあきらめかけていた私が、再度薄毛対策をしようと思ったのは、薄毛治療、AGA治療の事を知ったからです。

薄毛を直す薬があるという事は知っていましたが、ちまたの育毛サロンと似たようなものだろうとしか思っていなかったのですが、ある時ホリエモンの記事を見て衝撃を受けたのです。

彼のブログの記事で、

  1. 今の薄毛治療は「移植」まで行っている。
  2. その移植は自分の髪の毛を別の薄くなったヵ所に移植する「自毛植毛」というもので、実際にタレントの中野浩一さんなどが実践している。
  3. その自毛植毛は引っ張っても取れないし、じっと見つめても植毛とは到底分からないくらい自然な仕上がりを実現している。

といったことを紹介しているものでした。

その中で、自毛植毛に限らず、薬での治療でも今では9割以上の人が治っていると言及されていました。

実際、私もYouTubeで中野浩一さんの動画を見ましたが、まあ見事でした。植毛というと植えても抜けてしまうとか、植えたことがバレバレな不自然な仕上がりだといった一昔前のイメージしかなかったので、薄毛治療に対するイメージが180度変わりました。

それから諦めかけていた薄毛治療に本格的に取り組もうと思い立ちました。

まずは薄毛治療とはどんなものなのか?その薄毛治療をしてくれる病院にはどのような所があるのか?調べまくりました。

そこでやっとAGA、男性型脱毛症という言葉を知り、AGAクリニックの存在を知りました。