病院でのAGA治療は最後の薄毛対策!【AGAクリニック口コミ】

AGAの原因は?

AGAの原因は、遺伝や生活習慣などいくつかの要因が重なっていると考えられていますが、中でも最も大きな影響を及ぼしていると考えられるのが、男性ホルモンです。

男性ホルモンのひとつに、テストステロンという物質があるのですが、このテストステロンは毛乳頭細胞でDHTという物質に変換されます。このDHTが、ヘアサイクルを正常に働かないようにしてしまうことで、薄毛が進行するのというのが、現在の考え方です。通常であれば、発毛し、毛が成長して一定期間の後に退行期を迎えて抜けていくのに対して、DHTによって発毛した毛が成長しない状態で抜けてしまい、サイクルが異常に短くなることで髪の毛が薄くなっていくのです。

 

AGA対策としてできること

そのため、現在ではこのDHT、またはその元になるテストステロンに働きかけることで、AGAを改善しようとする育毛剤が増えています。

AGA治療薬の中にも、このようなシステムで発毛や育毛を促すものは少なくありません。さらに、頭皮環境を整えることで髪の毛は成長しやすくなります。

つまり、頭皮を清潔に保ち、血管に十分な栄養を行きわたらせることで髪の毛を成長しやすくするのです。育毛剤に栄養成分が多く配合されているのはこのためです。

もちろん食事などによって内側から適切な栄養を摂取することは大切ですし、飲む育毛剤として不足しがちな栄養分をサプリメントで摂取できるものもありますが、いずれにして必要な栄養分を摂取して頭皮環境を整えると同時に、育毛剤などで発毛・育毛を促すことが有効でしょう。

 

AGAクリニックに相談するという方法も

育毛剤でなかなか改善ができないという場合は、AGAクリニックで治療を受けるという方法もあります。

AGAクリニックは病院ですから、医薬品であるAGA治療薬の処方を受けることができますし、医師による検査などによりその人に合った治療を行ったり、生活習慣のアドバイスを受けることもできます。

薄毛は病気ではありませんが、気になる人にとってはストレスの元になるのは確かです。

薄毛で悩み続けるよりは、自分に合った育毛剤を探したり、AGAクリニックに相談するなど、前向きにできることはいくつもあります。

いずれにしても、育毛剤やAGA治療薬は日々進化しているので、希望をもっていろいろ試してみたほうがよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です