薄毛医療

AGAクリニックに行く事を決心!

ネットでAGA治療の事を色々と調べていくうちに、その発毛効果の高さがほぼ100%であること、その治療の中心にあるのが、薬物治療であることなどドンドン知識が増えていき、ますますAGA治療専門病院であるAGAクリニックで、AGA治療をしてみたいという気持ちが膨らんでいきました。

と同時に、いざAGAクリニックに行こう!とは決められない自分がいたことも確かです。

一番心配だったのは、副作用。

2chなんかを見てると、「立たなくなる」、「子どもができなくなる」と男性の生殖能力が落ちる事が盛んに言われていました。

実際に薬を服用している人の声なので信用できると思ってすごく心配していました。

確かに、ハゲが治っても、子どもを作る機能が失われてしまっては、「人生オワタ」になると思ったのです。

あと、盛んに言われていたのは「初期脱毛」とかいう症状。

薬を飲むと一時的に?抜け毛が増えるというのです。元々髪形にはこだわりがあった自分にとって、これ以上抜け毛が増えるのは、たとえそれが一時的であったとしても耐え難い苦痛だろうなと思いました。

実際、2chの書き込みを見ていると、その初期脱毛ですっかり薄くなってしまって脱落したという人がたくさんいました。

男性機能も失われる、薄毛も進行してしまう、なんてことが起きたら目も当てられません。何のための薄毛治療だろうと思ったのです。

こうした真偽の不確かな情報に振り回されていた私がAGA治療に前向きになったきっかけはあるサイトとの出会いでした。

プロハゲというAGAクリニック、AGA病院について書かれたサイトでは、AGAクリニックの実情が赤裸々に語られていますが、その中で、副作用はネットで特に煽られすぎている現状がある事、実際の副作用発現率はそれほどでもないこと、多くはそう思い込むことで助長されている事が医師の引用を元に書かれていました。

この記事を読んで

結局は医療のことを2chの素人の意見に左右されてもバカらしい、医師に話を聞きにいかないと始まらない!

と思い立ち、AGAクリニックの無料カウンセリングに行く決心を固めました。

「決心を固めた」なんて大げさな、と思う人もいるかもしれませんが、薄毛というコンプレックスを医師とは言え他人に打ち上げて相談するのは、私のように鬱になっていた人間にしてみたら一大決心のいる事でした。