育毛・発毛業界なんてインチキだ!?

薄毛になるのを手をこまねいていたわけではありません。

ご多分に漏れず、育毛剤や育毛シャンプーで対処しようとしました。

ただ、そもそも薄毛は治らないものと思っていたので市販の育毛剤やシャンプーは使いませんでした。

使ったのは行きつけの美容院が薦めてくれた育毛シャンプーと育毛剤。

育毛シャンプーはサロンでしか扱っていないというもので、1本3千400円ほどしました。これで2か月持ちませんでしたから、そこそこ育毛シャンプーだけでもお金を使っていましたね。

また、育毛剤は、アデノバイタルスカルプエッセンスVとかいうものを勧められて使いました。7千円くらいしたと思います。アマゾンでの評価も高く、髪のコシが出たとか、ボリューム感がアップしたといったポジティブな意見が多く、専門家である美容師のおすすめでもあったので試したのがきっかけでした。

それに調べてみると医薬部外品というのも効果がありそうだと思ったのです。

結果は、ある種、予想通りダメでした。これは私の個人的なものなので、他の人はどうなのか分かりませんが、私には合いませんでしたね。

使た感じはスーッとして気持ちが良く、マッサージしながら使っていると

毛が生えてくるのでは・・・

と期待感もあり、実際使い始めて最初の3か月くらいで、レビュー通り、髪にコシが戻った気がして、以前よりスタイリングがしやすくなっていました。

でも、その効果はあまり持続せず。結局、元の腰のない髪に戻ってしまいました。

また、髪が生えていない箇所には何の変化もなかったので、髪の本数が増えた、ボリュームが増えた感じは全くありませんでした。

上で予想通りと書いたのは、実はそれほど期待していなかったんです。

誰もがそうだと思いますが、抜け毛、薄毛は遺伝だし、実際私の父は、いわゆる波平ハゲなので、私も遅かれ早かれ、あのようになってしまうというあきらめがありました。

その遺伝の力を育毛シャンプーや育毛剤で止めようというのは、いかにも無理なような気がして期待していなかったのです。

期待していないのに、それなりのお金を払って育毛しているのも自己矛盾なのですが、心のどこかではもし生えたら儲けものといった心理もあったのかなあと思います。